「不登校・家庭学習支援
−ホップ・ステップ・ジャンプ 」


 
表紙
1. プロジェクトのねらい
  1.1 背景と目的
  1.2 有効性
  1.3 先進性
2. プロジェクトの概要
2.1 プロジェクトの全体像
2.2 教育的効果
2.3 有効性の検証
3. 必要な環境と機器類
  3.1 開発環境
  3.2 授業に必要な環境
4. 実施スケジュール
4.1 全体スケジュール(計画)
4.2 全体スケジュール(実績)
4.3 個別スケジュール
  4.3.1 会議
  4.3.2 制作
  4.3.3 e-ラーニングソフト開発
  4.3.4 実践授業
5. 実施体制
6. 実施内容
6.1 授業ビデオとデジタルコンテンツ(学習支援教材)の開発
  6.1.1 教材開発における体制
  6.1.2 教材の概要
  6.1.3 開発の流れと経緯
6.2 開発環境と技術
  6.2.1 開発環境
  6.2.2 教材開発技術
  6.2.3 ビデオ撮影
  6.2.4 授業ビデオ制作
  6.2.5 ビデオ配信
6.3 e-ラーニングソフトの開発
  6.3.1 e-ラーニングソフトの検証
  6.3.2 ソフトウェアの選定
  6.3.3 学習履歴
6.4 情報機器の整備
  6.4.1 リサイクルパソコン及びLinux OSの活用
  6.4.2 インターフェース
6.5 授業実践事例
7. 実践の評価
7.1 評価の方法
7.2 調査結果
  7.2.1 調査について
  7.2.2 児童生徒アンケート (回答者数8)
  7.2.3 児童生徒アンケート及びヒアリング調査結果(自由記述:回答者数9)
  7.2.4 教員アンケート調査結果(回答者数5)
  7.2.5 教員アンケート及びヒアリング調査結果(自由記述:回答者数14
7.3 プロジェクト全体会での評価・助言
7.4 評価改善委員会での評価・助言
7.5 考察
  7.5.1 不登校児童生徒の家庭学習と学校での学習との連携
  7.5.2 共通基盤制作ガイドラインの作成
  7.5.3 リサイクルパソコンやLinuxなど安価な機器の活用
  7.5.4 実践事例の収集
7.6 成果の普及方法
7.7 今後の課題